2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF一歩手前

培養ラット脳細胞がロボット操る…英大学が開発成功と発表


ラットの脳細胞から出る電気信号によって、障害物を避けながら動くロボットの開発に成功したと、英レディング大が14日発表した。

 ロボットは、人やコンピューターなどの助けなしで動いたという。

 研究グループは、ラットの胎児から採取した脳細胞を培養して増やし、脳細胞が発する電気信号を検出できる装置に組み込んだ。二輪走行するロボットは、この電気信号を無線で受けて動く仕組みで、ロボットに積んだセンサーが障害物を検知すると、ロボット側から無線で送られる信号が脳細胞を刺激する。

 ロボットは最初こそ障害物に接触していたが、障害物検知の信号で脳細胞が“学習”したとみられ、避けて動けるようになったという。

 同大システム工学部のケビン・ワーウィック教授(自動制御学)は「培養した脳細胞が初めてロボットを操ったというだけでなく、脳が経験を蓄積して学習する仕組みの解明につながる成果だ」と話している。

YOMIURI ONLINEより引用


そのロボットの映像がこちらだそうです。



どう見てもこれは…R-TYPE ⅡのR-9C "WAR HEAD"ですね

これは将来、人間がロボットに操られることを予期できそうですね。

なにせ「脳細胞が“学習”したとみられ」るんですからね、ああ恐ろしい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

>ああ恐ろしい
そうビビるほどのコトでもないですよ。
一種のバイオチップ的なものですし、むしろ将来的には嫁になってほしいくらいですよ(爆

どうしてもR-TYPE好きの俺としては
何か生体システマイザー的なものにトラウマを抱いており…

R-TYPE Ⅱのウォーヘッド(パイロットを四肢切断し機体と直結)
R-TYPE Ⅲのラグナロック(23歳の女性を14歳の肉体年齢で幼体固定し、生体コンピュータとして使用)


…後者が「合法ロリ」とか言われてるのはどうなんでしょうかw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suicidegarden.blog47.fc2.com/tb.php/64-c437616b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

RuthlessDragon(左上D)

Author:RuthlessDragon(左上D)
名前が長ったらしいのでRDと略してしまって構いませんというか略せ
そして最近左上D(ディレクター)なる名前を賜った。

 

UTAフェス

 

twitter

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

クター

 

ブログ内検索

 

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。